LINK

自動車重量税、通称重量税は、国産自動車とか外車など車の生産国や電気自動車、セダンというような車体に例外なく、例えば、ダイハツやなどにも同様に負担が必須なものなんです。ライザップ 横浜店

新車登録のさい、または車検の場合に支払いが発生する税金になります。スリムビューティハウス

額はそれぞれの車の重さで決められています。アテニア

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に異なるものなので基礎を学んで混同しないようにする必要があります。内祝い

「自動車重量税というものは車の大きさによって」「自動車税は排気量により」その額が違います。新型プリウス 値引き

それにより、買取する時の対応も違いますので、注意しましょう。酵素ドリンク

自動車を手放すときには既に支払った車の税額がいくら残っていたとしても、その額が還付されることはないのです。グリナ  評判 評価 

一方で、自動車税の場合は、支払い済みの額を売却額に上乗せしてくれるという事例がなくはないですが重量税に関しては上乗せされるということはあまりないのです。メルライン 成分

重量税というのは車の処分時に納めてある税金が残存していると言っても車の買い取り業者でそれが忖度される場合はほとんどないのです。ライザップ 千葉店

ですから次の支払い、つまるところ車検に出すまで売るのを少し待ち売るという手法が最も良いです。

車の引き取り時は考慮してもらえない重量税ですが特定のケースでは返還されることもあるのです。

この事例というのは、次の車検までの期間が残っているクルマを廃車処理する場合。

要は廃車登録をした際に、残存期間に従って税金が戻ってきます。

ただ自動車の引き取りの際はそのクルマが廃車になるわけではないので還付されません。

そして、愛車の名義を変更した場合や盗難された場合も返金してもらうことはできません。

自動車重量税が残っているクルマを買い取るというのはつまり車検期間がまだあるクルマということと同じです。

それを買取側も考慮しますので、自動車重量税の期間が残っていれば、少しは買取金額は増えると思います。

当然売却額は店によって変わりますが、車検が残っていることを計算に入れてもらえば車の査定額からみるとそんなに割に合わないということもありません。