LINK

クルマを売る時にはケースによっては委任状を提出しなければならないケースがあります。

それでは委任状というものは何なのかといったことや現実にどういった状況で使われるのかを解説していきます。

<br><br>委任状とは委任状というものはクルマの名義変更をするさいに本人がその場に同席できない時に代わりに誰か他の人に依頼する旨をオフィシャルに記録した書面です。

つまり、誰かに任せてあるという旨をこの書面で実証します。

必要となるケース委任状が要る場面は、車売却の時に車のオーナーである当人が立ち会い不可能なケースです。

中古車を売るということは名義を変えるということです。

名義変更手続きは変更前のオーナー、それから変更後のオーナーどちらもしなければならないのですが場合により不可能なケースもあります。

当人がそこにいないにもかかわらず名義の変更をしたいケースは必ず委任状が必要です。

名義の変更手続きを代行してもらうというような際に委任状が必要ということです。

中古車買い取り業者やディーラーでは委任状は必須買取専門店やディーラーに対する愛車買取というプロセスが、一番基本的な車の手放し方です。

また業者やディーラーなどの売却先は名義を変える手続きを代わりに依頼できます。

名義変更を代わりに依頼できるので、複雑な手間が省けるもののその代わりに必要になる書面が本人の委任状なのです。

買い取り店やディーラーが持ってきた委任状を使いサインするという形が通常です。

基本的には必要不可欠な書類買取の際の委任状は必ず必須というわけではないもののあなたが売却した車の名義変更に出向くことが難しくない人というのはかなり少ないと思います。

勿論友達に対する売買で陸運支局等に一緒に立ち会うことが可能ならばいいと思いますが、それ以外のケースがほとんどだと思います。

ですから、基本的に委任状は車買取の際の必要書類となっています。

自動車買取とリサイクル料のことはほとんど知られてはいないのですが自動車の所有者には「自動車リサイクル料」という税金が課せられています。

ここで順を追って説明いたします。

<br><br>自動車リサイクル料に関して自動車リサイクル料という税金は平成17年1月に施行された自動車リサイクル法の中で定められたものです。

クルマを適切に廃車にするために、クルマの所有者が支払う義務のある税金です。

リサイクル料の金額リサイクル料は、クルマの製造会社やエアバッグの有無などクルマそれぞれで異なります。

普通は7000円〜18000円ほどです。

装備によって変わってきますが、車検の時に自動車リサイクル料の料金を支払うのであれば出荷された時の装備の状態に則ります。

リサイクル料の支払い自動車リサイクル法という法律は平成17年1月からできた法律です。

ですから、2005年1月より後に新車を購入した場合は既に購買時に支払っています。

そして、平成17年1月以前に購入した場合も車検時に支払う形になります。

またもう払っているクルマを新車でなく中古で買う時には、中古車の購入の時に自動車リサイクル料を支払う必要があります。

結局のところ、最終本人が自動車リサイクル料を払うことになります。

リサイクル料の売却時の扱い車を手放す時にはリサイクル料は返還されます。

というのは、自動車リサイクル料が支払い義務の発生する時点での所有者に支払いの義務がある料金であるからです。

そのため自動車リサイクル料が支払済みの車ならば、最終所有者が変更されますので、売った場合支払っている料金が戻ってきます。

廃車処理をした場合戻ってこない為覚えておきましょう。