LINK

日本がバブル経済成長期には求人を掲載すれば必ずと言っていいほど、募集者が来ました。低金利のマイカーローン

しかし近年は少子化の影響を伴い、従来より募集する人数が少なくなっています。

その為、安倍政権は現在成長戦略の一つである雇用の拡大に今まで雇用の対象として目立っていなかった女性、高齢者、外国人という分野にも光を当てています。

求人も史上最年少で一部上場を果たしたと言われるリブセンスのような従来の求人を掲載したら料金を支払う方法ではなく、採用したら料金を支払う成功報酬型のビジネスに人気を集めています。

求人を取り扱っている企業の中には同時に人材紹介のビジネスも行っている所もあります。

しかし人を募集する事を強化しても、採用してもすぐ辞めてしまう若者の多さから掲載しても効果を発揮しないという事で求人ビジネスが滞っています。

故に今後求人ビジネスで求められるのは若者が長く定着するサービスを実現する事だと考えられます。

それ故優良企業への紹介、企業に若者が求める職場環境を実現する手法について教え、一般的に広めていく事が現在求められる求人ビジネスだと思います。