LINK

電車等の旅券などを大量に購入してしまう→カードキャッシュ化サービスを利用せずに利用者自らが現金化する目的でクレジットカードで購入することでも同じです。

現金に変えることを目的としたカードの決済であればルール違反扱いになってしまうからであります。

複数枚の列車等の乗車切符・切手販売等においての利用をすると、場合により現金化が目的ではないか?などという風にマークされてしまうケースなどがありますので、注意することが大切なのです。

それから、使用時にキャシング利用可能枠がフルになってしまっているユーザーのケースにおいては新幹線の回数券などを購入しようとすることだけでカードの発行会社の係から確認の連絡が来てしまうこともあるので、金欠時の決済は不可となっているようです。

懐事情に余裕が無い時に試みる内容は誰でも一緒なのです。

カード会社に問題な使用をしてしまう》以前に話題になった『永久不滅』のような、クレカの会社の立場からみて少しもメリットとならないようなルールに違反した使用方法を行った場合、クレジットカードの発行会社の判断によって没収になる場合があるのが現実です。

ネットで噂になった購入ポイントの不正な入手というような多くの人には広まっていないやり方というものがあっても、それらのやり方についてはどう考えてもカード会社の利用規約違反であるわけだから使用してしまわないようにして欲しい。

強制退会させられた内容は出回る・・・クレカを強制退会させられた場合でも、他のクレジットカードについては利用可能のであるから一社ならば問題ないじゃん?という風に思う人、昨今の情報流通社会でその思考は信用を失う可能性があるのです。

なぜかと言うと、そもそも強制失効になるというケースになるとクレジットカード各社各社がアクセス可能な信用情報機関というものにそういった内容が記録されるために、利用者の信用力というものはなくなることがあるのです。

所有するただの1枚であるとしてもクレジットを没収扱いになると以後カードまでも契約しにくくなることもありますし最悪の場合今契約しているクレジットまでも失効となってしまう事例もあるのです。

強制退会は免れて使い続けられる場合も使用期限切れとともに継続できなくなると思われる。

兎にも角にもくどくど言いましたが、強制退会させられてしまうような利用の仕方はどんな理由があってもしないように、健全にクレジットを使って頂きたいと考えています。