LINK
車を売るに際してケースによっては委任状を提出しなければならないケースがあります。そこで、委任状とはどんなものなのか、実際どういう場合に必要になるのかということを詳しく解説しましょう。

委任状とは車買取の際の委任状とは自動車の名義を変えるさいに当人が立ち会うことができない際に、その立ち会いを誰か他の人に頼むということを正式に明記した書面です。要するに、他の人に任せてあるという旨をこの文書で裏付けます。委任状を必要とする場合委任状が要るケースというのは中古車廃車の時に、そのクルマの持ち主である本人がいない場面です。自動車を手放すということは名義が変わることを意味するのです。これは前の持ち主、さらにされる者両方が行わなければならないものになりますが、場合によりできないこともあります。そして当事者がそこにいないのに、名義の変更をする場合は当人の委任状が必要になります。名義を変更するための手続きを代行してもらうことになったケースで必要と覚えておきましょう。買取専門業者や中古車ディーラーでは委任状は必須中古車買取専門業者やディーラーへのクルマ売却という方法が、通常考えられうる愛車の売却法です。そしてこうした売却相手は、大多数が名義を変える手続きを代わりにお願いできます。名義の変更を代わりにやってくれるということで、複雑な労力がなくせるということですがそのために必要になる書面が委任状なのです。自動車買取専門業者やディーラーが用意した委任状へ署名するのが普通です。普通は必須の書面買取の際の委任状は必ず必要不可欠というわけではないもののあなたが売った自動車の名義を変える手続きに同席することが可能な人は相当少ないと思います。当然友達間の売却で手続きに二人で立ち会うということが難しくないのであればいいと思いますが、それ以外のケースがほとんどだと思います。ですので、ほとんどの場合委任状は車売却のさいのなくてはならない書類となっています。車買い取りとリサイクル料のことはそんなに知っている人は多くないと思いますが、車には「自動車リサイクル料」という料金を支払う必要があります。まずこれについて解説します。

自動車リサイクル料に関して自動車リサイクル料という税金は2005年1月にスタートした自動車リサイクル法の中で決められたものです。車を無駄なく処理する為に、保有者が支払わなければならないものです。自動車リサイクル料の金額車の所有者にかかる自動車リサイクル料は、車のメーカーや希少パーツが付属されているかなど車ごとに違います。普通は7000円〜18000円ほどです。装備によって金額は違ってきますが車検の際に自動車リサイクル料の料金を納める場合は、出荷された時点での装備の状態に準拠します。自動車リサイクル料の支払いについてリサイクル法は平成17年1月から始まりました。なので、その時点より後に新車登録した場合はあらかじめ車の購入時に支払済みです。さらに、それ以前に買っていても車検の時に納めるようになっています。リサイクル料を既に支払済みのクルマを中古で購入する際には、購買の際に納めなければなりません。つまりは最終あなたがリサイクル料を支払うということになっています。リサイクル料の車売却の際の処置車を売る時には、支払済みの自動車リサイクル料は返金されます。というのは自動車リサイクル料という税金が最後の保有者に負担義務があるためです。そのためリサイクル料が既に払っている車ならば、支払い義務の発生する時点での持ち主が入れ替えになりますので売った際に納付済みの料金が還付されます。ただし廃車のときには返金されないので気を付けましょう。