LINK
クルマを買い取ってもらう場合、また車両の買い取りの際も印鑑証明がなければなりません。それではこの印鑑証明に関して解説しましょう。印鑑証明とはある印鑑が実印として効力を持つという事実を保証する書面です。この書類がない場合には、その印鑑について実印であることが保証できません。高額な商談になる該当する車の買取のため実印が必要ですが、それと同時にこの印鑑証明も出てきます。この印鑑証明を交付してもらうためには、まずは印鑑証明をしておかなければなりません。登録するはんこは実印と呼ばれ、この世に一つだけの印であることが条件です。この実印を持ってお近くの役場へ出向けばすぐに印鑑登録できます。手続きが終わると、印鑑登録カードなるものが発行され、その印は実印ということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうためには役場の窓口へ出向き印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を記入して、印鑑登録カードを提示するだけで大丈夫です。さらに自動交付機を使って印鑑証明書を交付することができます。印鑑証明そのものには有効期限などはありません。ですのでどれだけ前の印鑑証明であっても効力は消えないのです。ただ中古車買取のときには効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。通常は有効期限を気にする必要はありませんが中古車の買取の際は、買い取り先が有効期限を定めていますので、もしも中古車の買い取りを予定しているとしたらはじめに準備しておく必要があります。