LINK
自動車を買い取ってもらうときや、さらに車の売却手続きのさいも印鑑証明書がなければなりません。それではこの印鑑証明について解説していきます。印鑑証明という書類は実印であるという事実を裏付ける書面です。この書類がないのであれば、使っている印鑑が実印であることが裏付けられません。決して小さくない売買になる自動車の買い取りですので、必然的に実印が要ることになりますがその時に印鑑証明が出てきます。印鑑証明という書類を実際に発行するにははじめに印鑑証明をする必要があります。印鑑証明書に登録する印は正式には実印と呼ばれていて、同じものが二つとないハンコであることが条件です。実印を持って近所の市町村役場の窓口へ出向けば印鑑登録の手続きができます。印鑑登録をすれば、印鑑登録カードを発行してもらえて登録が完了した印鑑は実印になったということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうには市役所などの担当部署へ行き印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を書き込んで、印鑑登録カードを出すだけでできます。さらに、自動交付機で交付する事が可能です。印鑑証明そのものには有効期限はありません。ですからいつ取得した印鑑証明であっても効力はあるということになります。しかし、車買取の時は、印鑑証明は3ヶ月以内に発行されたものとされています。普通は有効期限などはないのですが、クルマ買取のときには業者側が有効期限を設定していますのでもしも車売却を考えている場合は、買い取り前に用意しておくことが望ましいです。